キッズモデルになるならまずはエントリーする事務所選びを

レディー

演技慣れしておこう

マイク

声優のオーディションには、養成所やタレント事務所に在籍するためのものと、仕事を受けるためのものがあります。演技に慣れていないと、すぐに演じるのは難しいでしょう。オーディションを受ける前にはレッスンをしておきましょう。

詳細

場を盛り上げるキャスト

2人の女性

キャスティング専門業者は、TV番組以外にもイベントや、個人の結婚式などでも利用することができます。場を盛り上げたいなら、ゲストとして芸人や俳優などのキャスティングをお願いしてみても良いでしょう。

詳細

エントリー先を選ぶ

スタジオ

キッズモデルになるには、タレント事務所へエントリーすることが最初の行動になります。オーディションを受けて合格したら、タレント事務所に在籍する契約を結びます。その後、雑誌の写真やCMなどの仕事を受けることができます。この際の契約では、在籍費やレッスン費用などがでます。事務所への在籍費用は、1万円から20万円など事務所により異なりますので、契約の際には確認しておきましょう。キッズモデルの事務所選びは、費用だけでなく、実績も確認が必要です。まず厚生省の認可を受けているかが、最初のチェックポイントになります。認可を受けていれば、ある程度実績がある事務所ですから、安心して依頼することができます。そのほか、エントリーするタレント事務所のキッズモデルは、どんな子がいるのかも確認しておきましょう。有名な子や、大きな仕事のある事務所を選ぶと良いでしょう。効率的に探すなら、実績も申し分なく、交通費が安く通える環境など、条件を決めて探します。決まったら、エントリーや契約条項をチェックしましょう。写真やエントリーシート作成をしてエントリーしますが、このときの写真はキッズモデルとしての魅力を持っていることを証明できるものが良いでしょう。写真館など、きちんとした場所で撮ってもらった写真を利用するのがオススメです。在籍費、交通費、エントリー写真や服など費用がかさむので、子どもの夢をサポートするにはそれなりに覚悟をしておきましょう。

必要とされるポイント

女性

ボーカルオーディションで、プロデューサーや会社が見ているポイントはどこでしょうか。凄まじい才能がなければ勝負ができないわけではありません。万能選手を目指してみることでオーディションを攻略できるかもしれません。

詳細