キッズモデルになるならまずはエントリーする事務所選びを

ウーマン

演技慣れしておこう

マイク

声優のオーディションには、タレントとして在籍するための事務所や養成所に入るオーディションがあります。オーディションを受けるなら、声優の専門学校や、劇団などに入っておくことがオススメです。まず発声、滑舌、感情表現など基礎となる部分を学んでいないと、一発合格で事務所に在籍するのは難しいでしょう。俳優と一緒で、声優も演技が重要です。身振りや表情で表現ができない分、声の演技はかなり重要になります。悲しくもないのに泣いてるような声や、怒り狂ったような声を出すなど、もともと演技に慣れていない人には難しいでしょう。感情をコロコロ切り替えて表現するのは簡単なことではありません。オーディションでは、さまざまなセリフからの演技で表現力を求められます。声優を目指すなら、まずは演技になれることが重要です。確実に声優になりたいのならば、ボイスレッスンや、演技のレッスンを受けておきましょう。また、オーディションに受かっても、すぐに仕事があるかというとそうでもありません。こうしたタレントや演者の道は、人生の氷河期にぶち当たることがほとんどです。周囲からサポートを受けることができる環境でなければ、無理に目指すのは難しいでしょう。学費やレッスン費用を自分で工面しながら、演技を学ぶのはかなり過酷です。声優になるためのオーディションを受ける前には、自分の意思や周囲のサポートが可能かなどを確認して進路を考えるようにしましょう。